巻爪とは?

巻き爪(まきづめ:彎曲爪)は、足の爪が横方向に曲がっている状態。

親指の爪に起こる場合が多い。

 

巻き込む形や深さの程度によっては、爪が皮膚に食い込んで炎症を起こすことがあり、それを陥入爪と呼ぶ。

 

その場合、出血または化膿を併発することがある。

 

一般に彎曲爪は痛みを伴わず、陥入爪は痛みを伴うものとの大まかな鑑別もある(ただし、彎曲がひどくなると爪が指の肉を挟む形になり、陥入していなくても痛みが発生する場合がある)。

 

巻き爪 - Wikipedia